つみたてNISAの口座開設で楽天証券を選ぶ理由

つみたてNISA

まずは、つみたてNISAって何?を説明していきたいと思います。

つみたてNISAって最近よく聞くけど何なの? 

つみたてNISAは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

(引用:金融庁HPhttps://www.fsa.go.jp/index.html

投資初心者
投資初心者

え、何言ってるの?難しくない?

私もこれを初めて見たときは非課税?株式?ETF?と頭が?でいっぱいでした。

つみたてNISAをはじめて時間も経っていますが、全部の言葉を理解しているわけではありません。

正直、設定すればあとは放置が基本のつみたてNISAなのであまり気にしていないのが本音です。

とりあえず簡単に言うと1年間で40万円まで非課税で投資ができるよ~ってことです。これが20年間で行えるんです。(ほんとにざっくりです)

通常の投資で利益が出ると約20%の税金がとられます!!それに比較すると非課税でできるお得感が伝わると思います。

これも1度設定すれば自動的に積み立ててくれるので、投資と聞いて思い浮かぶような

PCに張り付いてチャートを見るなんてことが必要ありません。

※ただし、リスクとして元本割れの可能性はあります。

それでも、資産を増やす目的として投資は外せないと思っています。

つみたてNISAを始める時に必要なことは?

  1. つみたてNISAを開設する金融機関を決める
  2. つみたてNISA口座を開設する
  3. 証券会社へ入金
  4. つみたてる金額の設定

つみたてNISAを開設できる金融機関はたくさんありますが、その中で私は楽天証券を選びました。

ここでは楽天証券で開設するやり方を説明していきます。

  • 楽天証券はクレジットカードで決済ができる 
  • 楽天証券はクレジットカードで投資信託を決済すると1%のポイントが付く
  • 楽天証券は楽天ポイントをつみたてNISAの購入にあてることができる
  • 楽天市場でのお買い物の際にポイント還元率が上がる

また、楽天銀行との”マネーブリッジ”を設定すると金利が0.1%になるので、証券口座を開設するのと一緒に楽天銀行も開設することをオススメします。

楽天銀行と楽天証券の口座をそれぞれ開設し、マネーブリッジを設定するとらくらくスイープによって、自由に銀行口座と証券口座間でのお金の行き来ができるため3,証券会社への入金が不要になるので、楽になるという点でもいいですね!

続いて、つみたて金額ですが複利効果を最大限に活かすには満額からスタートした方が良いに越したことはありません。

しかし…

  • はじめから30,000円も出すのは不安だな…
  • 学生のうちにやってみたいけど多い金額は難しいな…

などなど思うことがあるかもしれません。

にささん
にささん

それでも大丈夫!

つみたての金額は100円~33,000円/月の中から選ぶことができます。

学生の私は少額(忘れてしまったけど2000円くらいかな。)から始めて、今現在は毎月8000円のつみたてを行っています。

楽天証券では楽天ポイントでも積立購入ができるので、まずはポイント投資から始めてみるのもいいかもしれません。

資産を増やしたいのに、投資にお金をかけすぎて今の自分の生活を圧迫しては元も子もありません。無理のない程度に、楽しみながらやりましょう!

本当はもっと手数料が安いとか銘柄が多いとかで選ぶべきなのかもしれませんが、わかりやすくお得なものに惹かれて開設する証券会社を選びました。

ジュニアNISA以外は証券会社を変更することも可能なので、”まずは楽天証券”でもありかもしれないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました